キャッシング知恵袋

カードローンでキャッシングの前に!信用情報について知っておこう!

急にお金が必要になったけれど手元に資金が足りない。
そんなとき、即日キャッシングができるカードローンを思い浮かべることでしょう。
でも、カードローンを申請したら誰でもすぐに簡単に審査を通過するのでしょうか?

ここでは、カードローンの即日審査を問題なく通過するためのポイントを解説いたします。

カードローンのキャッシングは銀行と消費者金融から

キャッシングとは、銀行あるいは消費者金融から融資を受ける方法ですが、キャッシングにはカードローンクレジットカードによる2つの方法があります。

クレジットカードのキャッシングとは、すでにクレジットカードを持っている人のクレジットカードのキャッシング機能を利用してお金を借りる方法です。クレジットカードを取得した時点ですでに審査を通過しているため、特別な手続きもなく小口の現金をATM/CDからキャッシングすることが可能です。クレジットカードでキャッシングをした場合の返済方法は、元金と金利をまとめて翌月に一括払いします。

カードローンのキャッシングは、はじめてカードローンを申込む時点で、必ず審査が必要となります。

近年はコマーシャルそして街中でも見聞きするように、即日キャッシングができるカードローンのサービスが普及しています。

ほとんどの金融機関において「インターネットから24時間申込可能」「即日審査」「即日融資」「担保や保証人不要」といったサービスが当たり前になっています。

金融機関によって金利や借入額に多少なりとも差が出てきますので、まず借入先の違いを把握しておきましょう。

【銀行からのカードローン】

銀行口座をすでに持っている人であれば、今持っているキャッシュカードをそのままローンのカードとして利用することもできるため、審査が通ったら、すぐに銀行と指定のATM/CDからお金を借りることができ、また口座を持っている銀行と指定のATM/CDから時間外手数料や返済振込手数料も無料です。もちろん口座を持っていない方でもインターネットからすぐに申し込みが可能なので、申込みから使い勝手にいたるまで大変便利なカードローンです。

一般的に、銀行のカードローンは、利用限度額が200万円あるいは300万円程度の場合は原則収入証明書が不要です。また銀行からのローンは総量規制の対象外のため、借入限度額が自分の年収3分の1以内という規定を超えてお金を借りることが可能になっているため、大口の融資が必要な人には便利です。

【消費者金融のカードローン】

消費者金融のローンは、ネットや窓口以外にも、街に設置してある自動契約機からの申し込みも可能です。

消費者金融によっては、最初の30日間の金利が無利息(最長180日無利息という消費者金融もあり)というケースもあるため、すぐにキャッシングが必要、なおかつ早めに返済できる目途がたっている人にとっては大変ありがたい融資といえます。ただし、消費者金融からのローンには総量規制の規定が設けられているため、自分の年収3分の1を超える額の融資を受けることはできません

このように、まとまったお金が必要な場合は、総量規制対象外の銀行でローンを組んだほうがよさそうです。

しかし、少額だけ必要ですぐに返済できる目途があれば、銀行のクレジットカードのキャッシング機能を利用する、あるいは最初の30日間あるいは180日間は金利が無利息というサービスを提供している消費者金融からお金を借りることも便利といえます。

カードローンの即日審査は誰でも簡単に通るの?

では、銀行と消費者金融、どちらのほうがより簡単に審査を通過するのでしょうか?

一概にどちらの審査が簡単だとはっきり断言することはできません。

なぜなら、融資やローンの審査には、継続的な収入がある、支払能力がある、こういった利用者の信用能力が判断基準とされているためです。

言い換えると、信用能力があるとみなされれば、すぐに審査が通り、すぐに融資を受けることができるということです。

消費者金融の審査のほうが簡単に通過するはずと世間で言われていたとしても、自分の信用能力がなければ、たとえ消費者金融でも、審査は簡単に通過しないということを是非覚えておいてください。

あなたの信用能力に関する個人情報が記録されている?

信用能力って何?
信用されるってどういうこと?
個人情報って何を指すの?
記録されってるってどういうこと?

驚いた方もいらっしゃるかもしれませんが、クレジットカードやカードローンそしてその他の様々な融資を申し込む場合、個人情報は信用情報機関に登録され、その情報は共有されています。

登録された情報のうち、特に信用情報は、個人の支払能力や信用能力とみなされており、カードローンの申し込みやキャッシングを申込む際の審査の重要な判断材料になっています。

個人情報開示には同意した覚えはないけれど?と不思議に思われるかもしれませんが、実はカードローンやその他の融資あるいはクレジットカードを申請する際の契約書の規約には、自分の信用情報は情報機関の会員が登録そして照会などして情報を利用できる、という旨が記載されています。

契約書を隅々まで読む機会はあまりないかもしれませんが、同意規約は契約書に必ず記載されており、情報開示には必ず利用者の同意を得ることが法律で義務付けられています。したがって、自分は読んでないと言ったとしても、実際に契約書にサインをした時点ですでに同意していることになっているのです。

しかし、個人の信用情報の登録や照会そして情報を共有することは、金融機関、クレジット会社、信販会社だけではなく、実は私たちにとっても大変重要です。なぜなら、本人の利用履歴や返済履歴などを確認できるからこそ、自分に信用があると社会でみなされ、迅速に融資を受けることができるにほかならないためです。

信用情報機関って何?

信用情報機関について、あまり聞いたことがない方も多いと思いますが、その代表は、【JICC】【CIC】【JBA】の3機関です。各機関は運営元が異なり、また加盟している会員も異なっていますが、それぞれの機関へ加盟している会員が、カードローンやクレジットカードの利用者の情報を提供(登録)することによって、すべての会員がその情報を共有し、照会できるようになっています。

また、これら3機関の情報交流ネットワークを【CRIN】といい、それぞれの機関が保有する情報のうち、特に、延滞に関する情報や本人確認書類の紛失や盗難などの情報をやり取りすることで、過剰貸付や多重債務の発生防止をしています。

では早速、各機関についてみてみましょう。

【JICC】

日本信用情報機構(http://www.jicc.co.jp/index.html)といい、消費者金融、クレジット会社、保証会社、金融機関などが会員となっています。

登録されている情報は以下の通りです。

本人特定情報 氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証番号
契約内容確認情報 登録会員名、契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額、保証額

契約期間中と契約完了日から5年間記録が残ります。

返済状況情報 入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞の有無

契約期間中と契約完了日から5年間記録が残ります(ただし延滞は発生日から1年間のみ)。

その他にも、債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡なども発生から5年間記録が残ります(ただし債券譲渡は発生日から1年間のみ記録)。

【CIC】

クレジット会社が共同出資して設立した情報機関(http://www.cic.co.jp/index.html)で、クレジット会社、消費者金融が加盟しています。

申込情報および利用記録として

本人特定情報 氏名、生年月日、電話番号、郵便番号
融資利用情報 利用会社、利用目的、商品名、契約予定額、支払予定回数

どれも利用開始から6ヶ月間保存されます。

多岐に渡る情報が保存されている信用情報として

本人識別情報 氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、公的資料番号
契約内容情報 契約日、商品の種類、支払回数、契約額、契約終了予定日、登録会社
支払状況情報 報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動(延滞・保証履行・破産)の発生日、遅延解消日、終了状況
割賦販売法対象商品に対する支払状況契約内容情報 割賦残債額、年間請求予定額、遅延の有無
賃金業法対象商品に対する支払状況 確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無

どれも、契約期間中だけではなく契約終了後5年間保有され続けます。

【JBA】

全国銀行個人信用情報センター(http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/)といい、全国銀行協会が運営しており、銀行、政府関係金融機関、信用保証協会、推薦を受けたクレジットカード会社が加盟しています。

取引情報 ローンやクレジットカードの契約内容、返済状況、入金履歴、延滞、代位弁済、強制解約の有無

契約期間中と契約完了日から5年間記録が残ります。

また、官報情報(官報に公告された破産・民事再生手続き開始情報)も登録されており、決定日から10年間記録が残ります。さらに、事業主であれば不渡情報も登録されており、取引停止であれば処分から5年間記録が残ります。

このように各機関によって登録内容は多少異なっていますが、登録された個人情報は、加盟しているすべての会員で共有されているため、カードローンやクレジットカードの審査の際には、個人の信用能力を判断する材料として、必ず利用されています。

信用情報共有の具体的な仕組みとは

では、実際にどのような流れで個人情報が登録され共有されているのか、簡単にみておきましょう。

  • 1.カードローンやクレジットカードの申込者が、契約の申込を行います。
    この時点で、個人の情報が信用情報機関に登録されます。

  • 2.加盟している会員が、それぞれの信用情報機関に登録されている個人の情報を照会します。
    ここで問題がなければ、融資が実行されます。

  • 3.契約更新、新たな別のカードローンの申請、新しくキャッシングを申込む際にも、会員は個人情報を照会し、申込者の信用情報を必ずチェックしてゆきます。利用期間中、返済延滞・保証履行・破産などが発生していなければ、ローンの契約やローンの有効期限などは更新され続けます。

このように、利用中、契約更新、新たな申請など、すべての段階において、利用している本人の個人情報が記録され共有されています。つまり、ローンを申請する際は必ず、そして利用期間中は継続して、また規定されたデータの保有期間内であれば契約終了後も、常に個人情報の共有と照会が可能になっているのです。

自分の信用情報って確認できるの?


【JICC】【CIC】【JBA】に登録されている個人の信用情報は、加盟している会員だけではなく、私たち利用者側も確認できます。各機関によって確認方法が異なりますので、簡単にみておきましょう。

【JICC】

スマートフォンあるいは郵送あるいは窓口で申し込みます。

スマートフォンと郵送 手数料1000円。申込書と本人確認書類のコピーを添付あるいは郵送すると、後日(1週間から10日間)、簡易書留で、自分の住所に郵送されてきます。
窓口 手数料500円。受付時間は平日10時から16時、その場で書類を受け取ります。

【CIC】

インタネット(PCやスマートフォン)あるいは郵送あるいは窓口で申込ます。

インターネット 手数料1000円。CICへ電話して受付番号を取得し、1時間以内にウェブ上で申し込みます。手数料の支払いが済むとパスワードが発行されるので、それを入力すると情報が記載されたファイルを開くことが可能になります。書類は郵送されてきませんので、添付PDFファイルをダウンロードして保存したり、プリントアウトして大切に保管してください。
郵送 手数料1000円(定額小為替証書)。申込書、手数料、本人確認書類のコピーを郵送します。後日(10日間ほど)、簡易書留・親展で、ご自分の住所へ郵送されてきます。
窓口 手数料500円(現金のみ)。受付時間は平日午前10時から12時と午後13時から16時、その場で書類を受け取ります。

【JBA】

申込は郵送のみです。

郵送 手数料1000円。申込書、定額小為替証書(手数料)、本人確認書類のコピーを郵送すると、後日(10日間程度)、本人限定受取郵便で、自分の住所に郵送されてきます。

このように、どの情報機関からも簡単に信用情報を確認することができます。

信用情報開示は誰でも可能ですが、確認できる情報は「本人の情報のみ」です。したがって、たとで家族であっても第三者の信用情報は確認することはできません。

まとめ

現在ネットから簡単にローンを申し込むことができるようになっており、即日キャッシングが可能になっています。こういった「即日審査」「即日融資」といったスピーディーな審査や融資が可能になっている背景には、個人の信用能力やクレジット履歴といった情報の登録や共有があってこそです。

即日カードローンやキャッシングの審査を通過し、そして即日お金を借りるために必要なことは、ズバリ「過去の自分の信用情報に問題がない」ことにつきます。

今回、明かになった点は以下2つです。

  1. 過去5年間において「延滞、保証履行、破産、債権回収、債務整理、強制解約、破産申立、債権譲渡、代位弁済、強制解約の履歴がない」
  2. 過去10年間において「官報に自己破産や民事再生手続きが公告されていない」こういった履歴に問題がなければ、信用能力があるとみなされ、ローンの審査は必ず通ります。

審査をスムーズに通過するためには、過去にローンやキャッシングを申し込みそして利用したことがある方は、借入金の返済に延滞や保証履行などが発生していないことはもちろんのこと、自己破産や民事再生そして任意整理なども発生していないことがポイントになります。

信用情報は規定されたデータ保有期間が過ぎれば自動的に削除されてゆきますので、審査が通るかどうか不安な方は、時期をおいてから、新たにカードローンの申し込みをしてください。

また、新たにカードローンの申し込みを考えているものの自分の信用情報や履歴が気になっている方は、是非一度、3つの信用情報機関へ申し込みをして、自分自身の信用情報や履歴を確認してみることをおすすめします。

関連記事

  1. キャッシング知恵袋

    銀行と消費者金融のカードローンのサービスを上限金利、融資スピード、サービス面で比較

    カードローンのサービスは基本的に銀行と消費者金融の2種類があります。…

  2. キャッシング知恵袋

    レディースローンの特徴を知って利用しよう

    貸金業者の広告には、レディースローンを案内するものがあります。…

  3. キャッシング知恵袋

    急にお金が必要な時に頼りになる即日融資とは?

    即日融資とはこんにちは。節約下手がきっかけで、キャッシングを勉強し…

  4. 初めてのキャッシング

    Web完結の即日キャッシングには一定の条件が必要です

    Web完結申し込みを謳ったキャッシングの広告を多く見かけるようになりま…

  5. キャッシング知恵袋

    カードローンの契約があると住宅ローン審査に影響が出る

    住宅ローンの借入を考えている際は、借入を検討している銀行や信用金庫から…

  6. キャッシング知恵袋

    カードローンの申し込みをする時に嘘をついてしまう5つの例

    銀行や消費者金融のカードローンのサービスを利用してお金を借りる時は審査…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. キャッシング会社比較

    プロミスの特徴と即日対応について、5分で読めるまとめ
  2. 初めてのキャッシング

    即日キャッシングで今すぐお金を借りる方法を知ってますか?
  3. キャッシング知恵袋

    銀行系と消費者金融系、同じキャッシングでも何が違う?
  4. キャッシング会社比較

    はじめてのアコム♪を、5分以内に理解するまとめ
  5. お金の色々

    カードローンを利用してお金を借りた時に返済を延滞するデメリットと対処法
PAGE TOP