キャッシング会社比較

カードローンとフリーローンの違いを知って使い分ける

カードローンとフリーローンは、目的ローンとは異なり使い道が一部を除き自由とされています。

しかし、金利面では大きな違いがあるので、使い分けをしっかり行わないと返済総額に大きな違いが出てしまいます。

イメージだけでは分かりにくい2つのローンの違いを把握した上で、自分にとって適した借り入れ方法を選択すると良いでしょう。

カードローンのメリットは使い勝手の良さにある

カードローンは、審査を行い利用限度額を設定した上で、専用ローンカードを発行して利用する方法が一般的です。
金利設定は、銀行と消費者金融により異なりますが、14%~18%といった金利設定が多いです。

銀行カードローンの中には、利用限度額が数百万円という設定があるので、与信力次第では金利が数%まで下がることがあります。

一度設定された利用限度額の範囲内で、繰り返し借入と返済を行なうことが出来るので、返済を継続する中で別の用途で資金が必要になれば、利用限度額の限り何度でも追加手続き不要で追加借入が可能です。

カードローンの利用限度額は、他社借入件数や返済状況により途上与信が行われて見直されることがあります。

しかし、返済状況が良好であれば、金融機関との信頼関係が築かれるので一気に減額される可能性は低いでしょう。

また、返済の自由度が高いので、リボ払い返済が中心となるものの、いつでも随時返済として追加返済が可能です。

繰上返済が自由に出来ることから、利息を最小限に抑えつつ完済を早めることが可能です。

フリーローンのメリットは低金利にある

フリーローンは、証書貸付と呼ばれる形式で行われることが多く、銀行が得意とする貸付方法です。
フリーローンでは、5%~7%といった低金利で融資が行われ、返済方式も元利均等返済が行われています。

最初に借入希望金額を使用目的を証明するために見積書を提出するなどして申請し、審査の上で必要金額の借入を証書貸付という形で行います。

一度に指定の銀行口座へ振り込む形式で融資が行われるので、一度フリーローン融資が実行された後は、完済までひたすら返済を続けることになります。

追加借入が行われることは無く、完済前に再度フリーローンを利用したい場合には、新たな融資としてフリーローンを申し込まなければなりません。

返済時に繰上返済を行おうとしても、金融機関側の了承と繰上返済手数料の支払いが必要となるので、フリーローンは低金利融資が出来る反面、実質的には継続して完済を行なうか、一括返済による完済以外に返済方法が無いという特徴があります。

カードローンとフリーローンは利用目的が異なる人に向けた商品

カードローンとフリーローンでは、同じ金額を借入したとしても、カードローンは金利が高くフリーローンは金利が低いという特徴があります。

カードローンを利用する人にとっては、利用限度額にメリットがあるので、実際に借入を行なう金額は利用限度額の範囲内で状況に応じて必要額のみ借入する方式を好むわけです。
金利が高いけれども、常時借入を行なうわけではなく、必要な期間のみ必要な金額を借りてすぐに返す目的に向いています。

一方、フリーローンは大きな買い物や使用目的が決まっていて、総利息を最小限に済ませつつ計画的な借入と返済を行いたい場合に適しています。

フリーローンと名前が付いていても、実際には利用目的が明確になっていて、計画的な利用を想定した借入方法を探している人にとって適した借入方法です。

利便性を重視するならばカードローンを選択肢し、確実な返済を行なうことを目的とするならばフリーローンを選べば良いわけです。

フリーローンには変動金利と固定金利の設定がある

カードローンの申し込みを行なうと、審査結果により同時に金利設定が決まります。
金利を変更する場合には、契約内容の変更を互いに了承する必要があり、新たに契約内容変更の書面を交わす必要があるわけです。

しかし、フリーローンには、最初から変動金利と固定金利を選択出来るタイプが存在します。

多くの銀行フリーローンでは、商品ごとに変動金利と固定金利が指定されていますが、中には住宅ローンと同様に選択できる商品もあるので、契約前に将来の金利動向を見定めた上で決めなければなりません。

変動金利は、市場の金利動向により年2回金利設定が行われるので、公定歩合や債券市場の動向により左右されることになります。

フリーローンの借入期間は、住宅ローンほど長くは無いので、数年間の借入であれば変動金利を選んでも良いと考える人が多いです。

なぜなら、低金利政策が行われている状況下では、固定金利の方が変動金利よりも高く設定されているので、住宅ローンのように30年後のことを考える必要が無いフリーローンで固定金利を選ぶメリットは少ないでしょう。

銀行によりフリーローンの金利設定が異なるのは、銀行ごとの考え方による違いが反映されているので、フリーローン選びの参考にすると良いでしょう。

 

関連記事

  1. キャッシング会社比較

    モビットの特徴と即日キャッシングする方法まとめ

    モビットとはモビットは、プロミスやアコムとならぶ大手消費者金融です。…

  2. キャッシング会社比較

    プロミスの特徴と即日対応について、5分で読めるまとめ

    プロミスとはプロミスは、三井住友銀行グループの大手消費者金融です。…

  3. キャッシング会社比較

    新生銀行カードローン「レイク」の特徴と即日キャッシングするための方法

    レイクとはレイクは、新生銀行カードローンのサービス名です。 レイク…

  4. キャッシング会社比較

    はじめてのアコム♪を、5分以内に理解するまとめ

    アコムとはアコムは、三菱UFJファイナンスグループの大手消費者金融で…

  5. キャッシング会社比較

    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の特徴と即日キャッシングの方法

    バンクイックとは即日キャッシングをしたいけど、少しでも金利の安い銀…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. キャッシング会社比較

    はじめてのアコム♪を、5分以内に理解するまとめ
  2. キャッシング知恵袋

    便利なWEB(ネット)完結キャッシングは、どんな人に向いてる?
  3. キャッシング知恵袋

    急にお金が必要な時に頼りになる即日融資とは?
  4. キャッシング知恵袋

    家族バレが心配?キャッシングを郵送物なしで利用する方法
  5. 初めてのキャッシング

    即日キャッシングで今すぐお金を借りる方法を知ってますか?
PAGE TOP