キャッシング知恵袋

カードローンの申し込みをする時に嘘をついてしまう5つの例

銀行や消費者金融のカードローンのサービスを利用してお金を借りる時は審査が可決されないといけないので申し込みをする時に嘘の申告をしてしまう人がいます。

明らかな嘘だとバレてしまいますが、少々なら大丈夫だと思って嘘の申告をしてしまうようです。

しかし消費者金融の審査では少々の嘘でもバレてしまうので注意が必要です。

嘘がバレてしまうとその時点で審査が否決されてしまいお金を借りる事が出来なくなってしまいます。

また今後一切申し込みをする事が出来なくなる事もあるので嘘の申告をしてはいけません。

そこでカードローンの申し込みをする時に嘘をついてしまう例を挙げていくのでしっかり確認しておきましょう。

年収を多めにしてしまう

カードローンの利用条件の中に安定した収入がある人という項目があるので審査でも収入が多くて安定している人ほど有利になります。

それにより現在の年収より多めにしてしまい業者側に見栄を張ってしまう人も少なくありません。

しかし審査では勤務先の情報などをしっかり確認するので年収を多めにしてしまうと嘘がバレてしまいます

審査を有利にしたいという気持ちは分からなくもないですが、年収は正直に申告するようにしましょう。

他社からの借り入れをなしにしてしまう

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません

借り入れをする時は年収制限されてしまうので審査でも総量規制に接触していない事が大切になってきます。

総量規制は借入希望額だけでなく他社からの借り入れも合算して考えるので接触しないようにするには他社からの借り入れがない方が有利になります。

それで消費者金融に申し込む時に他社からの借り入れがあるのになしと申告してしまう事があります。

他社からの借り入れなのでバレないような気もしますが、消費者金融では信用情報機関にアクセスして信用情報を調べるので過去のキャッシング履歴などもすべて分かってしまいます。

それにより他社からの借り入れがあるのになしと申告してしまうとすぐバレてしまうのでその時点で審査が否決されてしまいます。

消費者金融に申し込みをする時は他社からの借り入れがない状態にして正直に申告するようにしましょう。

嘘の勤務先を申告する

カードローンの審査の終盤に在籍確認が行われます。

在籍確認は申し込みをした時に申告した勤務先に電話をかけて本当に在籍しているのかを確認する事です。

在籍が確認されればその時点で終了となりますが、勤務先に電話をかけられると上司や同僚にカードローンを利用してお金を借りる事がバレてしまうので嘘の勤務先を申告する人がいます

嘘の勤務先を申告してしまうと在籍確認が出来なくなってしまうのでその時点で審査が否決されてしまいます。

また嘘の勤務先を申告したという事実もイメージダウンになってしまうので今後利用する事が出来なくなってしまう可能性もあります。

在籍確認は社名ではなく担当者の個人名を名乗って電話をかけるので上司や同僚にカードローンを利用してお金を借りる事がバレる可能性は低いです。

また申し込みをする時に在籍確認の相談をすれば電話以外の方法を提案してくれる事もあります。

嘘の勤務先を申告してしまうとデメリットしかないので正直に申告するようにしましょう。

以前働いていた勤務先を申告する

消費者金融は安定した収入を得ていないと利用する事が出来ないので基本的に収入のない無職の人は申し込む事が出来ません

しかし無職の人は金欠の状態になっている事が多いのでどうしてもカードローンを利用したいと考えてしまいます。

それで以前働いていた勤務先を申告して申し込みをしてしまう人がいます。

以前働いていた勤務先を申告すればバレないと考えてしまうようですが、審査の中で在籍確認が行われるので確実にバレてしまいます

それにより審査が否決されてしまうので無職の人はまず働いて安定した収入を得てから申し込みをするようにしましょう。

嘘の名前を申告する

自分の名前でお金を借りたくないので他の人の名前を使って申し込みをする人がいますが、身分証明者や収入証明書の提出を求められるので必ずバレてしまいます。

また信用情報機関にアクセスしてデータを照合している時に矛盾が生じてしまうので必ずバレてしまいます。

自分の名前でお金を借りたくないという気持ちは分からなくもないですが、嘘の名前で申し込みをすると確実にバレるので申し込む時は必ず自分の名前を申告するようにしましょう。

カードローンの申し込みをする時に嘘をついてしまう例はこのようにあるので実際に申し込む時は絶対しないようにしましょう

またカードローンの申し込みをする時に嘘をついてバレてしまうと今後一切利用する事が出来なくなる他に詐欺罪などに問われてしまう可能性もあります。

いろいろと面倒な事になってしまうのでカードローンの申し込みをする時は正直に申告するようにしましょう。

 

関連記事

  1. キャッシング知恵袋

    カードローンは返済計画がすべて!賢く借りて賢く返すその方法とは?

    カードローンで借入をすれば、当然返済する必要があります。カート…

  2. キャッシング知恵袋

    カードローンの審査は注意点を把握すれば怖くない

    カードローンを申し込む時に行われる審査は、具体的な方法や審査基準が公表…

  3. キャッシング知恵袋

    カードローンとは?金利や審査の仕組みを徹底解説!

    カードローンを検討しはじめた方で、どんなものがあるのか調べたことがある…

  4. キャッシング知恵袋

    キャッシングの連続申込みは、審査落ちしやすいのか?

    キャッシングの連続申込とは?こんにちは!キャッシングを賢く利用して…

  5. キャッシング知恵袋

    無利息キャッシングは本当にお得?利息無しでお金を借りる方法を解説!

    キャッシング会社によっては利息無しでお金を借りられるのをご存知でしょう…

  6. キャッシング知恵袋

    銀行カードローンより消費者金融の方が審査が甘い5つの要因

    カードローンは銀行と消費者金融がサービスを提供していますが、両社とも申…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. キャッシング会社比較

    モビットの特徴と即日キャッシングする方法まとめ
  2. キャッシング会社比較

    カードローンとフリーローンの違いを知って使い分ける
  3. キャッシング知恵袋

    レディースローンの特徴を知って利用しよう
  4. キャッシング知恵袋

    便利なWEB(ネット)完結キャッシングは、どんな人に向いてる?
  5. キャッシング知恵袋

    カードローンの契約があると住宅ローン審査に影響が出る
PAGE TOP