お金の色々

カードローンを専業主婦が借入する方法は銀行カードローンが主流です

カードローンの契約を行なうためには、本人の収入証明書を必要とする機会が増えています。

特に消費者金融から借入を行なう際には、本人に安定した収入があることが絶対条件とされているので、借入金額の大小に関わらず必要に応じて収入証明書の提出が必要となるわけです。

専業主婦が単独で借入が出来るのは銀行カードローンです

専業主婦は、本人には収入が無く、配偶者の収入により生計を維持しています。

専業主婦は、家計管理を行っていることが多く、配偶者の収入も全て専業主婦が管理している家庭は少なくありません。

しかし、改正貸金業法が完全施行された2010年以降、貸金業者からの借入を行なうためには本人に収入が必要となるので、貸金業法とは別の銀行法により営業を行っている銀行カードローンに活路を見出すしか無い状況です。

 

本人の収入のみに基づき審査を行なう貸金業法では、総量規制が導入されたことにより年収を基準として貸付上限額が年収の1/3迄と決められています。

貸金業法の対象外となる銀行カードローンでは、総量規制の影響を受けずに、家計が同一ならば世帯収入により銀行カードローン審査を行なってもらえます。

 

配偶者の名義で借入を行なうためには、専用ローンカードを配偶者自身が持った上で本人が借入と返済を行なわなければなりません。

専業主婦が配偶者名義の専用ローンカードを使うことは認められていないわけです。

 

専業主婦が自ら借入を行なうためには、総量規制対象外の銀行カードローンが現実的な選択となります。

消費者金融は配偶者の同意書があれば借入可能

改正貸金業法により総量規制が厳しく適用されている消費者金融では、専業主婦が自身の名義で借入を行なう条件を定めています。

収入がある配偶者に事情を説明して、配偶者の収入を基準として審査を受けて借入を行なうことに同意する書面が必要です。

専業主婦が申込みを行なっても、配偶者の同意書が無ければ配偶者の個人信用情報機関に登録されている信用情報を照会することは出来ず、審査も行えないわけです。

 

消費者金融から銀行カードローンと同様に配偶者の収入に基づいた審査を行なってもらうためには、配偶者の同意書を用意すれば良いことになります。

しかし、専業主婦の中には今までも配偶者に内緒で一時的な家計のやり繰りをするために、カードローンを利用していた人が少なくありません。

 

配偶者に借金の事実が知られてしまうと、家庭内で問題が発生してしまうリスクがあるでしょう。

いくら配偶者の同意書があれば、専業主婦でも借入可能とはしても、現実問題として配偶者の理解を得ることは難しいです。

銀行と消費者金融の両方から借入が出来るならどちらを優先すべきか

銀行カードローンに専業主婦が申し込めば審査に通る状況であって、消費者金融からの借入を行なうために配偶者の同意書が用意出来たとすれば、専業主婦には銀行と消費者金融のカードローンを利用出来る可能性があります。

問題は、銀行と消費者金融のどちらのカードローンを利用すれば、専業主婦には有利となるのかです。

 

銀行カードローンは、銀行が貸付を行なうカードローンですから、低金利な貸付が広く行われています。

一方、消費者金融が貸付を行なうカードローンでは、貸し倒れリスクを考慮して金利が利息制限法で定められた上限金利ギリギリの基準で設定されていることが多いです。

 

銀行カードローンの方が、消費者金融よりも低金利で借入が出来ることが多いので、銀行カードローンの審査に通過出来たならば、消費者金融よりも銀行カードローンからの借入を優先すると良いでしょう。

専業主婦が過去にも消費者金融を利用していたら銀行カードローン申し込み時には注意が必要です

改正貸金業法が完全施行される以前に、消費者金融または信販会社からの借入を行なっていたことがある場合には、銀行カードローンを申込む前に該当する消費者金融や信販会社と返済トラブルを起こしていないか確認しておく必要があります。

銀行カードローンの審査は、本来数日かかるものですが、即日審査を行っている銀行カードローンでは、信販会社や消費者金融の審査システムを使って審査時間の短縮を行っている状態です。

 

過去に返済トラブルを起こした消費者金融や信販会社が、銀行カードローンの審査に絡んでいると、いくら返済能力が十分にあっても必ず審査落ちしてしまいます。

なぜなら、無担保ローンの審査システムを銀行カードローンで利用するために、信販会社や消費者金融を保証会社という形で銀行が貸付リスク回避のために導入しており、実質的な審査は保証会社が行っているからです。

保証会社として担当している信販会社や消費者金融の社内ブラックリストに入っている場合には、個人信用情報機関へ信用情報照会をかけて金融事故情報が何も出てきていなくても、社内ブラックリスト情報は永久に残っています。

 

専業主婦がカードローンの借入を行なうためには、低金利貸付を行なう銀行カードローンが有利ですが、過去の金融事故には注意しなければなりません。

関連記事

  1. お金の色々

    節約の目標を立てるのに役立つ「SMART」という考え方とは?

    普段、他の記事では、お金を借りることを中心にお話ししていますが、今回は…

  2. お金の色々

    カードローンを利用してお金を借りた時に返済を延滞するデメリットと対処法

    カードローンのサービスは銀行や消費者金融が提供していますが、お金を借り…

  3. お金の色々

    債務整理のメリット、デメリットは?知っておきたい4つのこと

    債務整理のメリット、デメリットは?知っておきたい4つのこと今回は、…

  4. お金の色々

    銀行カードローンの問題点を知っておけば多重債務者にならずに済みます

    低金利をウリとしている銀行カードローンが多いものの、総量規制対象外とい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. キャッシング知恵袋

    総量規制とは?
  2. キャッシング知恵袋

    カードローンの審査は注意点を把握すれば怖くない
  3. キャッシング会社比較

    はじめてのアコム♪を、5分以内に理解するまとめ
  4. キャッシング知恵袋

    カードローンの契約があると住宅ローン審査に影響が出る
  5. キャッシング会社比較

    モビットの特徴と即日キャッシングする方法まとめ
PAGE TOP